愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


カリキュラム

管打楽器奏法の研究

IMG_7659IMG_0261IMG_0543
いわゆる「個人レッスン」です。
入試時に選択したひとつの楽器(類)について、その奏法研究を個人レッスン形式で4年間必修で行います。
管打楽器奏者にとって全ての基礎となる重要なカリキュラムで、奏法の研究成果は、年二回の実技試験、学内発表、および集大成としての卒業演奏など全て公開の場において発表します。
なお、1年次前期は実技試験を行いません。これは、1年次前期はソロ楽曲に取り組むことよりも各楽器(類)の基礎的奏法を身につける、または奏法の癖などを改善する、マレットの操作法などを改善する、といった管打楽器奏者にとって土台となる事柄について、じっくり取り組み技術を習得する重要な期間であると考えているからです。